2015年08月23日

2015年8月23日のメモ

だいぶ騒がしくなってきたので、久方ぶりに投稿。
2chの巡回スレッドは減らしたものの、ほぼ毎日流し読みはしている。

時代はTwitterやらFBに移行分散していて、私はすっかり旧世代の人間になった(LINEはしてない)。
能力は枯れるものであるし、2chの閉鎖騒ぎ等もあって、値打ちのあることは書けない。
だけれど、頭の整理のためにもこういったフィールドにも再度リソースを割いておこうと思う。
せめて流れに取り残されないように。

流れとしては;

1,中国経済のバブル崩壊
2.中国政情不安
3.中国国内の勢力争いに伴う、化学工場の同時多発テロ?
4.北朝鮮の経済事情も同時に悪化
5.朝鮮戦争再開の恐れ高まる

菅官房長官の「朝鮮半島緊迫、安保法案成立を」のコメントは象徴的で、日本の生命線である日米同盟を基軸にした防衛態勢の強化が切迫性を増している。

流れを予想するには、金と軍事力の展開を追うのが基本になる。

市場はギリシャ危機以降不安定であり、明日の株価等含めて、波乱含みの展開。

米軍の展開具合はというと、

2015年6月18日に米海軍イージス巡洋艦「チャンセラーズビル」横須賀配備

が目新しいものかもしれない。

産経系の情報から抜粋すると、

イージス戦闘システムに最新型の「ベースライン(BL)9」を搭載した艦、ということで、多数のミサイルによって米空母を領域に近づけないという中国のA2AD戦略に対処する“切り札”。
米軍は中国の軍拡に対処するためアジアを重視する戦略「リバランス(再均衡)」を進めており、その一環として、横須賀基地に配備の戦闘艦を原子力空母、揚陸指揮艦の他、イージス巡洋艦2隻、同駆逐艦7隻の現態勢から、2017年までに最新鋭のイージス巡洋艦1隻、同駆逐艦2隻を追加配備し、同駆逐艦1隻を最新型に交代させるとしている。これでイージス艦は9隻から12隻になる。
ttp://www.sanspo.com/geino/news/20150705/pol15070510000001-n1.html

ただ緊急に日本海周辺に空母打撃群の増強はない?模様なので、台風で北朝鮮潜水艦に影響が出るような偶発的な事象があるならば話は変わるかもしれないけれども。
米軍の展開からは、今秋以降により中国・朝鮮半島が不安定化しそうな感覚を受ける。

しばらくは朝鮮半島のプロレスを静観。
posted by     at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする