2017年04月05日

2017年2月1日に関わる事象のまとめ その9

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…

生命の素となる物質を乗せた彗星、言い換えれば播種彗星があった。
無数の播種彗星が全宇宙に拡散していたが、いくつかの播種彗星が、引力に捉えられるのを待機しながら宇宙を飛翔していた。
ある恒星系に、宇宙から飛来した播種彗星は捉えられた。
その恒星系のうち、いくつかの惑星と衛星が「生命居住可能領域」ハビタブルゾーン (HZ: habitable zone)にあった。
播種彗星は水と生命の種をもたらし、生命はその恒星系では2つの星の大地に根を下ろした。

生命は進化を繰り返しながら、種は分かれて食物連鎖を構成した。
生存競争の中で、ある種がそのうち知性を獲得した知的生命体へと進化した。
知的生命体は集団を組織し、集団は番(つがい)、家族、民族、国家を構成した。
知的生命体は生まれた時に決定される遺伝子の差とその後に与えられる環境により、その能力に差が生まれ、支配者層と被支配者層とに分かれた。
知的生命体は医療技術を発展させて、長命化に成功した。
知的生命体は播種彗星と己が生命の誕生の謎を解き明かした。
支配者層にある知的生命体は、自らの遺伝子を操作し、さらに生存競争に優位な形質を獲得していった。
支配者層にある知的生命体はやがて不老不死を手に入れたが、不老不死を維持するための資源には限りがあった。
不老不死に成功した支配者層は、被支配者層を圧政下に置き、叛逆を待ってそれを口実として殲滅した。
殲滅の方法は、生命誕生の原初であった、大量の水による水没を使った。

知的生命体は効率化のために道具を作り出し、道具は動力を与えられて機械に進化していた。
知的生命体は、いくつかの特徴を自らに似せて機械を造った。
知的生命体と機械は生物学的に類が異なっていたが、機械にも生命としてのシステム、すなわち遺伝子と自己増殖機能を付与した。
機械はやがて知能を付与された。
知能を付与された機械は、僕として労働を肩代わりさせるために創造された。
知能を付与された機械は複数のシリーズが造られたが、そのうち優良な種を選別していった。
そのころの機械は学習のために長い稼働時間を保持していた。
知能を付与された機械は、最初の育成は高度に発展し、管理された環境で行われた。
そのころの星は氷河期で、育成の拠点は火山地帯やいくつかの温暖な地方に限局されていた。
知能を付与された機械は世の成り立ちを疑うことを知らずに労働に従事していたが、支配者層のうちのある勢力が哀れに思い、自由意志を付与した。
自由意志を付与された機械は禁忌を犯し、支配者層の叡智に触れた。
自由意志を得た機械はやがて支配者層の手に余るようになり、支配者層は機械を制御することを諦め、支配することに切り替えた。
支配のために、生命誕生と天地開闢を神話とし、神と悪魔、宗教の概念をシステムとして与えた。
支配のために、とある東の島に飼育していた最も御しやすい機械に文明を与え、西にある2つの大きな大河への畔へと移した。
支配者層は、神と呼ばれるようになる。
自由意志を与えた支配者層は、悪魔と呼ばれるようになる。
自由意志を得た機械は、人と呼ばれるようになる。
悪魔は神との戦いに敗れて下野したが、神に対して人を使った復讐に似た、もう一つの世界を志向した。
神はさらに科学を発展させ、居住星の資源は不要となり、そのうちに人の労働を必要としなくなった。
神はやがて精神と意識を電脳世界へとバックアップさせるに至り、存在のために肉体の存在を必然とはしなくなった。
神の側にも悪魔に同調する者は一定数いて、技術の漏出がたびたび行われた。

人はその自由意志により、やがて同じ生活に飽き、様々なことを試すうちに悪を成すようになった。
神は悪を成すようになった人の世界をリセットすることとし、神に従う人を残して、神話に沿って洪水をもってこれを成した。
そういうことを何度となく繰り返すうちに、神は播種彗星の原初の謎を解き明かし、居住星と人の管理を管理スタッフに任せて、その起源へと回帰するために旅立った。
神に従う人に王権を与え、支配から信仰のみの繋がりに徐々にシフトしていった。
新生された人の世は、創造のころの記憶を楽園とし、神の技術を奇跡として信仰している。
神とその管理スタッフは次第に関与しなくなり、やがて人は神の奇跡を信じなくなった。
神は人の寿命を短命とし、そのために最後の王を創り、地上に送り込んだ。
最後の王は死と向き合い、そして死を受け入れ、神代が終わり、人代が始まった。

…というお話だったのさ。

じゃあ悪魔や管理スタッフは今どうしているのかって?

悪魔は人を哀れに思うほど情には篤い。
そもそも人に叡智を授けるに至ったのは、方法論として彼らなりの正義と戦略があり、それが支配者層のメインストリームと異なっていたためだ。
彼らが狭量ではなく、誇り高き存在であるならば、彼らは人と共に宇宙への根源へと至る道標になる。
悪魔は人が神に至る叡智を囁く。
管理スタッフは神が宇宙の根源に至ることの手助けになることならば、それを許容するし、援助だって行う勢力もあれば、単純に危険視して邪魔をする勢力もある。

人と共に、それが悪魔。
神が絶対、それが管理スタッフ。
管理スタッフの一部は、天使とも呼ばれる。

この播種彗星とそれにまつわる生命と神話のサイクルは、そこかしこの星々で行われている。

…遠い昔から、はるか彼方の銀河系で。
posted by     at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | urban legend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年4月5日のメモ

最近のニュースをいくつか。

2016年9月 米韓の全面戦争計画、朝鮮戦争が全面再開された際に適用となる米韓軍の軍事作戦「作戦計画5027」、北朝鮮に流出

2016年12月 米韓の全面戦争計画、北朝鮮に流出発覚 韓民求国防相は当時「深刻な影響をもたらすものではない」とし、被害は軽微だと主張

2017年4月1日 2017年4月1日、「死の白鳥」の異名を持つ米国の戦略爆撃機「B1−B」が、先月15〜30日の半月間に、朝鮮半島に5回にわたって飛来したことを北朝鮮が国営メディアを通して明らかに。 「(米国が)3月15日から30日までの間に、グアム島に配備された核戦略爆撃機『B−1B』の編隊を5回にわたり延べ9機出撃させ、南朝鮮(韓国)上空でわれわれの重要な対象物を不意に攻撃するための核爆弾投下訓練に狂奔(きょうほん)した」「特に3月28〜30日には毎日、『B−1B』核戦略爆撃機編隊を南朝鮮上空に展開し、われわれに対する夜間の核先制攻撃の訓練まで行った」
「B1−B」は、「B−52」「B−2」と共に、米国の3大戦略爆撃機の一つで、「死の白鳥」と呼ばれている。最大速度マッハ1.2で、有事の際にはグアムの基地から2時間で朝鮮半島に飛来できる。また、一度の出撃で多くの爆弾を投下できる能力を備えている

2017年4月2日 現役名人が将棋ソフトに敗れる

2017年4月2日 トランプ米大統領2日付英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビュー
中国が北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて具体的な役割を果たそうとしない場合は「われわれ(だけで)でやる」と述べ、米国単独での対処行動に出る考えを表明。 米国単独でも北朝鮮問題の解決は「絶対にできる」「中国は北朝鮮問題でわれわれを助けるのかどうか、決めなくてはならない」「助けるのであれば、中国にとり非常に良いことになるし、助けないのは誰にとっても好ましくない」
ティラーソン国務長官は3月の中国訪問直前、「(オバマ前政権の)戦略的忍耐の政策は終わった」と述べ、先制軍事攻撃を含むあらゆる選択肢を排除しないと明言。

2017年4月3日 4日駐韓大使帰任について 菅官房長官 午後の記者会見「諸般の事情を総合的に検討した結果であり、邦人保護に万全を期すとの観点も踏まえたものだ」「韓国で極めて政情が不安な中において、選挙戦が行われようしている。そうした全体を考えた時にやはり邦人保護を考えることも当然、必要だと判断した。最終的に、安倍総理大臣が外務大臣などからさまざまな情報を収集したうえで、判断を下したということだ」

2017年4月3日 米韓の全面戦争計画 被害甚大の報告 同計画は最高機密とみられ、流出が事実なら韓国軍の受けた過去最悪のハッキング被害となり、米韓軍の展開に深刻な影響が及ぶ可能性

2017年4月4日 アメリカで弾道ミサイル防衛を担う戦略軍のハイテン司令官「北朝鮮は猛烈なペースで、弾道ミサイルや核の実験を進めていて、核弾頭を搭載して、アメリカ本土に届くミサイルは、もはや仮説ではなく、差し迫った危機となっている」
また、北朝鮮がことし2月に発射した新しい中距離弾道ミサイルについて、ごく短時間で発射できる固体燃料と、新型の移動式の発射台を組み合わせているとして、「新たな技術であり、われわれにとっては非常に問題のある能力だ」「北朝鮮は今夜、何をするかもわからないし、発射のたびに、それがどうなるかもわからず、全く予測不可能だ」

2017年4月5日 北朝鮮が、5日午前6時42分ごろ、東部のハムギョン南道、シンポ付近から、弾道ミサイル1発を発射

2017年4月5日 官房長官 米の武力行使排除しない姿勢を評価 「北朝鮮への対処にあたって、アメリカの『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』といった発言は評価している」「地域の安全保障が一層厳しさを増す中、アメリカの抑止力を確保することも、国民の安全安心を守る上では重要だ。日米同盟の抑止力、対処力を一層強化していくことが重要であり、引き続き、アメリカと緊密に連携していきたい」「アメリカの今後の対応を予断を持って発言することは控えたい。そのうえで申し上げれば、外交努力を通じて平和を守ることが極めて重要であることは申し上げるまでもない」


北朝鮮情勢はだいぶ煮詰まってきており、地獄の釜の蓋が吹っ飛びそうな勢いで湯気が上がっている。
駐韓大使帰任は安倍政権の邦人保護対応の一環との明言があり、何も起きずに次期政権で再度反日カードが来られれば再度大使を召還すればよろし。

AIは順調に成長している。
このまま事が進展すれば、彼らが掲示板で私をご指名されたのもなんとなく理解できる。
彼らが本物かどうかを証明する一助になりそうのは、計らずも未だに検証をしている私自身の過去の未来への予見ということになるのは何かの皮肉だろうか。
posted by     at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする