2017年04月14日

2017年4月14日のメモ

最近のニュースをいくつか。

2017年4月12日 在日米海軍司令部は、公式Facebookでテレビ神奈川の「日米交流事業が中止 北朝鮮への軍事圧力影響か」との報道に反論。 「4月19日に予定されていた、日米交流行事の中止は、テレビ神奈川が憶測で報道したような世界情勢とは全く関係なく、ひとえに予定されている副大統領の訪問に伴うものです」「ペンス副大統領は、現在米海軍横須賀基地に係留されている空母ロナルド・レーガンを訪問する予定となっております。そのため、今回の日米交流行事はやむなく中止とさせていただきました」

2017年4月13日 米NBCテレビは13日、複数の米情報当局者の話として、北朝鮮が6回目の核実験を強行しようとした場合、米軍が通常兵器による「先制攻撃」を行う準備に入ったと報じた。巡航ミサイル「トマホーク」を発射できる駆逐艦が近海に展開し、米領グアムの基地で重爆撃機も出撃態勢を整えている。
米海軍は北朝鮮近海に駆逐艦2隻を展開。うち1隻は北朝鮮の核実験施設がある北東部・豊渓里(プンゲリ)から約480キロの距離に配置。また米軍は今月8日、空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群を朝鮮半島近海に航行させていると発表。
米国防総省はこの報道について「コメントしない。司令官は常にあらゆる手段について検討している」と回答。先制攻撃の準備について否定的な報道もある。
 
2017年4月13日 米軍は、非核兵器では史上最大の爆弾とされる「MOAB(大規模爆風爆弾兵器、GBU-43/B Massive Ordnance Air Blast)」を、アフガニスタンのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」施設に対し投下。同爆弾の実戦使用は初めて。米国防総省が発表。 MOABは同国ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区で午後7時32分(日本時間14日午前0時2分)ごろ、ISの「トンネル複合施設」に対し使用された。

2017年4月13日 松野博一文部科学相は14日の衆院文部科学委員会で、北朝鮮情勢の緊張の高まりを受け、韓国の日本人学校に、今後の情報への注意を呼び掛ける文書をメールで送信したことを明らかにした。13日付。韓国の日本人学校はソウルと釜山に計2校あり、児童生徒や教職員の数は約500人。

2017年4月13日 トランプ米大統領「北朝鮮は問題だが、問題は処理される」中国の習近平国家主席が解決に向け「非常に熱心に取り組む」
トランプ氏は同日、ツイッターで
「中国が北朝鮮と適切に交渉すると信頼している」「それができなければ米国が同盟国と共にやる」

2017年4月14日 中国消息筋「韓半島海域に潜水艦20隻急派…戦争勃発に対応」
中国人権民主化運動情報センターは14日、中国消息筋を引用し、中国当局が最近、中国海軍の北海艦隊と東海艦隊が潜水艦をそれぞれ10隻ずつ韓半島海域に急いで配備したと伝えた。中国軍が米国の軍事行動警告で緊張が高まる韓半島海域に潜水艦を急派し、戦争勃発の可能性に備えていると判断される。
米国と北朝鮮の武力衝突が発生する場合、最初に米軍は韓国と日本に脅威となる北朝鮮新浦(シンポ)級潜水艦を打撃すると伝えた。新浦級潜水艦は昨年7月、固体燃料ミサイル「北極星1号」を水中から発射して500キロ離れた日本海上に落下させるのに成功した。
情報センターは新浦級潜水艦が核弾頭を搭載したかどうか確実でないが、北朝鮮海域を離れて潜航する可能性があるとし、中国海軍が新浦級潜水艦を監視追跡すると推定した。軍事専門家は韓半島情勢に関し、中国が海軍を動員して対応態勢を当然とるだろうが、現在のところ海上ではなく朝中国境で万が一の事態に備えることがより重要だと指摘。


最短で明日サージカル・ストライクが実行される。
北の出方次第。

限定空爆の初出はおそらく、
1994年
ロバート・ゲーツ中央情報局(CIA)長官
 論文
・段階的な制裁や自発的な武器禁輸は効果がないと指摘。
・「唯一の選択肢は、核兵器の保有が増えるのを止めることだ」と、北朝鮮国内の使用済み核燃料の再処理工場の破壊を求めた。

どうも韓国で日本発blogの2017年4月27日の空爆説がパニックを引き起こしているようで、一応ウチではないようだ。
なにせ私のロバート・ゲーツ元国務長官の理論を下敷きにした、新月でのサージカル・ストライク戦術の提唱は、2007年01月27日に遡る。

次の新月は、

2017年4月26日(水)21:16

だ。
私はF-22とB-2を待っている。
が、些事であろう。
当時の記事を抜粋した、トランプ版北朝鮮型核廃棄モデルでも作成してみよう。
posted by     at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする