2017年05月04日

2017年5月4日のメモ

最近のニュースをいくつか。

2017年5月2日 北朝鮮、核実験場でバレーボールの試合を再開。監視の攪乱が目的と米のジョンズ・ホプキンス大学研究グループは分析

2017年5月2日 韓国国防省報道官は、米韓合同軍事演習の一環で、米戦略爆撃機「B━1B」2機が1日に朝鮮半島上空を飛行したことを明らかに

2017年5月3日 安倍首相(自民党総裁)は、憲法改正について「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」首相(党総裁)の任期は最長21年9月まで。「憲法改正の発議案を国民に提示するための具体的な議論を始めなければならない時期にきている」「私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」いまの9条の1項と2項は堅持したうえで、自衛隊の根拠規定を新たに盛り込む案は「国民的な議論に値するだろう」

2017年5月3日 ティラーソン米国務長官 国務省内での職員向けの講演「(南北朝鮮を分けている)北緯38度線の北側に行く理由を探しているわけではない」北朝鮮の体制転換や政権の崩壊、朝鮮半島の再統一のいずれもめざしているわけではないと説明。
「状況が整えば、対話する準備はできている」北朝鮮の行動次第では「米国は追加制裁の用意がある」国連加盟国に対しては、国連安全保障理事会の制裁決議の履行が必要。
適切に対応しなければ「第三国を通じて制裁をするだろう」


特段情勢に変化はない。
ただ2020年の憲法改正に向けた動きは、米国の安全保障に関連するシンクタンクの提言に沿ったものであろうし、日米のタイムリミットを示している。
それまでにレッドラインを超えるかどうかというところだけれど、2020年までに日本への米国の核戦力を展開するという公式な運用に踏み切る可能性は高い。

それでは、今日はこの辺で。
posted by     at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする