2017年04月12日

2017年4月12日のメモ その2

今日のメモの追加。

2017年4月6日-7日 トランプ氏は米中首脳会談で「(習近平)中国国家主席に対し、中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国にとってより良いものになると説明した」「中国が北朝鮮問題を解決すれば、アメリカとより良い貿易取引ができるだろうと中国の習近平国家主席に説明した」「中国が協力を決断するなら、それはすばらしいことだ。そうでなければ、中国抜きでわれわれが問題を解決する」
ティラーソン国務長官によると、トランプ、習両氏は首脳会談で、北朝鮮の核・ミサイル問題が「深刻な段階」にあるとの認識を共有し、国連安保理による制裁決議の厳格な履行を確認。ただ、中国側がトランプ氏が求める圧力強化を具体的に約束したかどうかは明確になっていない。

2017年4月10日 ベン・カーディン上院議員は10日、MSNBCのインタビュー「北朝鮮を変化させ得る唯一の方法は、中国が経済的に北朝鮮を圧迫すること」

2017年4月11日 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応をめぐり、日本政府が米側に対し、軍事行動に踏み切る場合の事前協議を要請。米側も応じる意向。日本政府関係者が明らかにした。外交的な解決が不調に終わった場合でも米側が直ちに軍事行動に踏み切ることなく日米協議を経て最終判断するのが狙い。

2017年4月11日 米ホワイトハウスのスパイサー報道官「ミサイル発射に関する(北朝鮮側の)行動は許容できないという点を大統領が明確にした。われわれが最も見たくないのは、核武装した北朝鮮が米国の海岸や他国を脅かす事態だ」

2017年4月11日 米ホワイトハウスのスパイサー報道官 定例記者会見で、北朝鮮への対応について「大統領は先週のシリア(攻撃)で示したように、行動する気になれば、断固かつバランスのとれた行動をとる」

2017年4月12日 菅官房長官 午前の記者会見「北朝鮮に対しては常に最大の注視をしており、国民の生命と平和な暮らしを守ることは、政府の最大の責務だ。北朝鮮問題では、米国、韓国と緊密に連携しながら対処するのは変わらない」「朝鮮半島で在留邦人の保護や退避が必要になった場合を想定し、常日頃から必要な準備、検討を行い、いかなる事態にも対応できるよう万全な態勢を取っている」一部で、今月行われた日米の高官協議でアメリカ側が北朝鮮への軍事攻撃の可能性に言及したとか、日本側が軍事行動に踏み切る場合の事前協議を求めたなどと報じられたことについて、「報道のような事実はない。明快に否定しておく」「直ちに邦人の安全に影響がある状況ではないが、情報には注意が必要なことを改めて呼びかけた」

2017年4月12日 株価終値 ほぼ全面安で今年の最安値を更新−北朝鮮情勢の不透明感や円高懸念

2017年4月12日 トランプ米大統領は12日に放送予定の米FOXテレビとのインタビュー 「我々は大船団を送っており、非常に強力だ」「我々には潜水艦もある。空母よりもはるかに強力だ」と述べ、朝鮮半島近海に潜水艦部隊を展開することも示唆。北朝鮮の金正恩については「彼のことは知らないが、間違ったことをしている」

2017年4月10日 連邦議会上院外交委員会で東アジア・太平洋小委の委員長を務めるコリー・ガードナー上院議員(共和党所属)は10日(現地時間)、MSNBC放送のインタビュー「金正恩委員長が(取り除かれて)いなくなった後、誰がそのポストにいるのか疑問。われわれは金正恩(除去)後に何が起こるのかきちんと理解できずにいる」 「韓米日同盟は中国と協力して、韓半島(朝鮮半島)の非核化だけでなく、(金正恩除去)後に何が起きるのかについての計画も立てるべき」
同日、フォックスニュースのインタビュー
「米国西部を攻撃できるミサイルを開発している『忘れられた狂人(forgotten madman)』を、これ以上無視してはいられない」米空母「カールビンソン」が韓半島近海に急派されたことについて「北朝鮮の政権に(米国の)力を示すことが重要」

2017年4月12日 麻生太郎・副総理兼財務・金融相は12日午前の衆院財務金融委員会に出席し、来日する米国のペンス副大統領と予定されている日米経済対話の開催日について「朝鮮半島で何かあれば18日かわからない」と述べ、地政学リスク次第で変更しうると指摘。

2017年4月12日 安倍晋三首相は12日午前、自民党拉致問題対策本部の山谷えり子本部長と首相官邸で会い、朝鮮半島有事などを念頭に「さまざまな事態が起こった際には、拉致被害者の救出について米国の協力を要請している」米国が原子力空母を朝鮮半島近海に派遣するなど北朝鮮への圧力を強めていることに関し、「緊張感が高まっているのは事実だ」との認識を表明。拉致問題について「米国や韓国、国際社会とも協力しながら、解決に全力を尽くしていきたい」

2017年4月12日 政府関係者は、「日米が共同訓練を行うこと自体が意味を持つ」として、東シナ海や朝鮮半島周辺で「カール・ビンソン」を中心とした空母打撃艦隊と海上自衛隊の護衛艦による共同訓練を行う方向で、アメリカ側と具体的な調整を始めた。


U・S・A!U・S・A!ということで、拉致被害者救出に手をかけることができるかが焦点になりそう。
新たな拉致被害者を作らないためにも、朝鮮半島からの邦人脱出を急いで欲しいところ。

原子力潜水艦については動きは分からない部分があるものの、すでに作戦行動中かもしれない。

イージスシステムについては、

カールビンソンは排水量約10万トン、全長333メートルで乗組員6000人、戦闘機70〜80機を搭載し、さらにミサイルも発射できる。
その周りには5000トン級のイージス艦8〜10隻が囲み「空母打撃群」を構成している。
海上自衛隊のイージス艦6隻のほかに横須賀が母港のアメリカのイージス艦は12隻あり、全てミサイル防衛能力を持っている。

とのこと。
あとは国内のテロをいかに防ぐかというところだけれど、朝鮮系暴力団の地下施設にはグレネードランチャーやらなんやらがというのは2ch歴が長ければ周知の事実。
ググればすぐ出てくる。
posted by     at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック