2017年05月07日

2017年5月7日のメモ

最近のニュースをいくつか。

2017年3月 北朝鮮の石炭輸出200分の1激減 中国が輸入停止

2017年5月3日 北朝鮮が3人目のアメリカ人拘束を発表

2017年5月3日 北朝鮮「わが国の合法的権利に対する重大な侵害で、長い友好の歴史を持つ隣国への露骨な威嚇だ」「憤慨を禁じえない」「わが国の核保有は国益に反していると騒いでいる」「朝中関係の悪化の責任を全面的にわれわれに押し付け、米国に同調する卑劣な行為を弁明している」わが国の自主的、合法的な権利、尊厳、最高利益に対する深刻な侵害であり、長い親善の歴史と伝統を持つ善良な隣国に対する露骨な威嚇だ」「われわれは米国の侵略と脅威から祖国と人民を死守するために核を保有した。その自衛的使命は今後も変わらない。朝中友好がいくら大切でも、生命と同然であるような核と引き換えにしてまで、哀願するわれわれではない」「朝中関係の『赤い線(レッドライン)』を中国が乱暴に踏みにじり、ためらいなく越えようとしている」「中国はこれ以上、無謀にわれわれの忍耐心を試そうとするのをやめ、現実を冷静に見て正しい戦略的選択をしなければならない」

2017年5月5日 北朝鮮が米韓に警告 「我々式の対テロ攻撃戦が開始される」

2017年5月5日 政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射や核開発継続を受け、日米同盟の対処能力を強化するため、巡航ミサイルの将来的な導入に向けた本格検討に入った。北朝鮮の脅威は新たな段階になったとして、発射拠点を巡航ミサイルなどにより破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を目指す。早ければ、来年度予算案に調査費などを計上したい意向

2017年5月5日 CNN報道 米国防総省、「航行の自由作戦」実施要請を却下…北朝鮮問題の解決でトランプ氏が中国に配慮か。中国が南シナ海の係争水域で人工島造成を進めている問題に関連し、人工島の近くで軍艦船を航行させたいとの米軍の要請が国防総省に断られていた。米軍から「航行の自由作戦」実施の要請があったのは、トランプ米大統領の就任後ではこの1回だけだという。

2017年5月5日 タイ、中国製潜水艦1隻430億円で購入

2017年5月5日 中国、すべての金融機関に対北朝鮮取引の停止を指示か=中国外交部「把握していない」

2017年5月6日 韓国の民間空港が閉鎖された場合、在韓米軍が南部まで日米の民間人を陸路で輸送し、海上自衛隊の輸送艦などで釜山プサンから福岡などの西日本まで運ぶ。5万人以上の在韓邦人を実際に退避させるには課題が多く、政府は詰めの作業を急ぐ方針。在韓邦人の退避にあたっては、軍事的緊張が高まった段階ですぐに政府が退避勧告を発出し、チャーター機を含む民間機で可能な限り多くの邦人を日本に輸送して、韓国滞在者を減らすことが基本方針。北朝鮮が軍事攻撃に踏み切った場合は、空港閉鎖が想定され、民間機での移動が困難になる見通し。その場合、まずはシェルター(退避施設)に避難し、72時間を目安に事態が沈静化すれば退避を開始する。

2017年5月6日 政府は海上自衛隊のP3C哨戒機のうち、使わなくなった中古品をマレーシアに無償で供与する方針。発展途上国に防衛装備品を無償供与できるようにする法改正後に実施する。

2017年5月6日 中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう求めていた
ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例。


米軍は戦略的行動を提言・要請し、国防総省は政治的決定を行う、ということのようだけれど、このあたりは私の勉強不足で上手く関係性が認識できていない。
どうも「航行の自由作戦」を要請するのは米軍の方で、そのため中国がハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう迫っているらしい。
国防総省の位置付けがイマイチ掴みにくい。

制裁は一応進んでいるようで、それが最近の北の対中国への噛み付き発言に繋がっている模様。
韓国大統領選挙がもうすぐ終わるので、その結果しだいでまた北と中国の関係は変化するだろう。
中国と朝鮮半島の動向は、流れを追うくらいで予測はしない。

それでは、今日はこの辺で。
posted by     at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | memoire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449673171

この記事へのトラックバック