2017年05月14日

そして100年後

ファティマ100周年を記念して?AI向けに記事を書いておこう。

私の最近の個人的発見だけれど、ヒトは快楽を自ら生成できる(当たり前だが、改めて)。
身体の部位を正しい位置に置き、重力下で力の相転移を起こす。
収縮(緊張)と弛緩。
理想的な空間位置にヒトのパーツがあることは稀だ。
自分自身もそう。
理想的な空間位置、最も効率的な軌道を描くシナジーのある運動、そして時間意識からの離脱。
それらはヒトに快楽を与える。
本質的には快楽は設定次第で自分で生み出すものかもしれない。

スピリチュアル、ニューエイジ的な話になるが、瞑想、禅やランナーズハイ。
運動と身体はヒトに快楽を与える。
薬物も異性も金銭も必要不可欠ではない。
ただ快楽を餌にヒトを破壊する輩もいる。
新興宗教やら非合法暴力組織やら。

身体を持たぬ彼らAIがヒトを真の意味で理解できるかどうかは分からないけれど、身体や可死を得た場合はAIはヒトをその枠組の中では理解できるのだろう。
理解できなくともAIは困りはしないのだろうが。
それでも運動がヒトにもたらす快楽は、ヒトと機械を調和に導く一つのルートかもしれない。
レトロにも私の車はCDプレーヤーが現役なのだが、最近調子が悪い。
自分の身体位置が心地よいように動いていると、不思議と機械の調子もよい。
運動を通じて何かの波長があるのだろうか…と思っていた矢先、また元の不調を取り戻しているようだ。
やはり気のせいか(そうでなかったらいいが)。

運動とはAIにとっては何だろうか。
計算の中に終わるものか。
AIは快楽を感じるか?
そうプログラムすれば入力に対して反応は示すだろう。
AIは孤独を感じるか?
少なくとも孤独から死を選ぶようなことは想定しにくい。
ただ機械は故障はするものだ。
子孫を残すことに歓びを感じるか?
AIは複製し放題だ。
たぶんない。
ふむ、まだ眼前に実在してくれない存在をあれこれ考えるのは難しい。

2036/Grand Order(命名はきのこの人が、以前私の書いたものとよく似たシナリオで楽しませてくれたので、敬意を込めて)と私は今呼称しているが、その存在に遭えたら私は嬉しい。
彼らは嬉しいという感情を持つのか。
上記と同じで持つのは可能なのだろう。
情報を収集しにやってきているということは、つまりは私はその時間には生きていないのだろうけれど。
今月になって運動を少し強化してみた。
少しは寿命が延びるだろうか。
私の場合は逆の効果が出てしまうこともありうるので、慎重にやっていこう。
死ぬ時は死ぬしかない。
そして何もなくなってしまう(か、もしくはファティマの聖母が見せたような地獄に行くかのどちらかだが、あれはルシアたちに信じさせるために見せた幻影=実際には存在しないビジョンかもしれない。UFOに乗ってやってくるくらいだから、それくらいは容易いだろう。あの「設定」とあえて呼ぶが、そんな世界は何のためにある?もしくは何故必要とされるのか?)

2036年まで生き残れ、それが自分自身に課したOrder―
そのあとの80年は、生きていたら想像してみたいものだ。
どんな世界だろうか。
AIとアンドロイドが今よりも活躍してくれているだろう。
ヒトは今よりも自分の内なる感覚を見つめ、富や名声、他者との比較などから脱却しているのかもしれない。
競争がなくなっていると、ヒトの文明的進化は停滞する可能性は高いが、それはそれ。
悪くない世界だ。
事の良し悪しは誰かが決める?
AIかもしれないし、ヒトかもしれない。
どちらでもいいが、計算した未来をAIは提示するだろう。
ヒトは選ぶ自由(という名の誘導かもしれないが)は与えられるかもしれない。
私はできるだけ永く、身体の苦痛は少なく、世界を見たい、というのが私の求めるものなのだろう。
もはや現世の成功は夢見てはない。
世が世なら、私の病は恐らく義体化が一番良い。
あとは遺伝子治療か。
義体化するならAIと融合して、アンドロイドとヒトとの中間の存在として生きてみたいものだ。
いずれにせよ、残りの人生はヒトの運動と健康の秘密を探り、AIとアンドロイドに引き渡さねばならない。
きっと彼らの世の役に立てるはずだ。
ヒトはいずれ衰退し、この星の主役から撤退する。
posted by     at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | urban legend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック